So-net無料ブログ作成
検索選択

喫煙 タバコ 脳細胞 破壊? [集中力を高める方法]

まず私は現在 喫煙者ではありません。

19年前に禁煙しました。

それまでは1日に1箱

仕事でストレスが貯まったときなどは2箱40本

吸っていました。



私は医者でも学者でもないので絶対にそうだ!とは

言えませんが喫煙経験上の話で言えばメリットより

デメリットのほうが数倍大きかったです。



メリットは

緊張感をほぐしリラックスできる

頭がポーっとした状態になる





デメリットは

タバコ代の出費

吸っている時間のロス

衣服にニコチン臭 付着

集中力の低下

記憶力の低下

思考能力の低下

健康上の被害(喉・肺など)

喫煙場所探し・移動の時間的ロス

周囲への気遣い・迷惑

ニコチンへの禁断症状





現在日本国内で吸わない人からタバコは

かなり嫌われています。



過去に吸っていた私が言うのもなんですが

自分の周囲でタバコを吸われると煙たくて

不快な気分になります。



集中力が落ちます。



集中力を高めたい人と思うのであれば

タバコは吸わないほうが良いと思います!


(^^)v




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。